VISIONの文脈

ONE VISION , BIG FUTURE

Branding

"未来をつくる言葉たち" スタートアップを中心としたビジョナリー企業35社のミッション・ビジョンまとめ

ビジョンとは「未来への意思」 "ビジョンとは「見えるもの」ではなく、「見たいもの」。 "未来予測ではなく、「未来意思」。" "「未来を予測するのではなく、つくりだす人」こそが、ビジョナリー" 未来は言葉でつくられるより

"創造性の友" 戦略的「先延ばし」がアイデアとチャンスを最大化する

誰もが「オリジナルな人」になるために "本書は、「本性」としてリスクを回避しようとする「ふつうの人々」が(ふつうの人だからこそ)、流れに逆らう不安や恐怖をはねのけて、「オリジナルな何か」を実現させるための様々なヒントを数多く含んでいる。 "

田端氏の予言的中しまくり。ブログ運営者は『MEDIA MAKERS』再読すべき

Webメディア乱立時代 先日、twitterでの発言がネットで話題になった田端氏。これが本当なら、「商売は会議室で起こっている感」が否めないのだが。 「意識が高い」はずのG1経営者会議で参加者の挙手アンケート、ポケモンGO1度もやったことない人が7〜8割とい…

横浜DeNAベイスターズがたった5年で「ブランド」となり得た理由

“なりたい自分”を描くことからブランドは始まる “マーケティングにおいて、コミュニケーションにおいて、経営において、そのすべての土台となり基軸となるものは、「なりたい自分」があるかどうかだと私は考えています。自分(会社)はどんなブランドになり…

「あるべき姿」と「一貫性」が “強いブランド”をつくる - 選ばれるための「ブランディング」のはじめ方

「ブランド」って何だっけ? テクノロジーの発展により、どの企業の商品やサービスも追いつき追い越せの「いたちごっこ」を繰り返すばかりで、商品の差別化が難しくなっている昨今。 さらにネットやSNSなどの普及による情報洪水時代の中、生活者に自社のこと…

スタートアップのバイブル 16人のチームが300万人の顧客を生み出した企業哲学とは

大きいことはいいことか? かつて、「大きいことは、いいことだ。」と言われていたように、会社の規模を拡大し、製品を大量に生産することをよしとされているという時代があった。いまでも、人気企業ランキングでは、大手商社や銀行が上位を独占している。 …

今は広告よりPR 新しい時代の人を動かすコミュニケーション戦略とは

人を動かすのに、予算は要らない。 「多くの生活者の心を動かすには、多くのお金(予算)を広告やメディアに掛ける必要がある。」「個人や小さなチームでは、動かせる人数の規模なんてたかがしれている。」と考える人は多いだろう。 しかし、「ただ予算をか…

発想をカタチに。「未来をつくる」言葉のつくり方とは

あなたに「ビジョン」はあるか? 「起業したけど明確なビジョンが決まらない」「新規事業を任されたけど新しいコンセプトが浮かばない」「自分の生き方のビジョンが曖昧だ」 このように、ビジョンやコンセプトなどの「物事の本質を設計」することに苦心する…

©BLUE FIELD. All Rights Reversed.