VISIONの文脈

ONE VISION , BIG FUTURE

Tech

未来に先回りするための記事をまとめてみた

VISIONの文脈で紹介した記事の中から、激動の時代の「未来を先読みする」ことに有効であろう内容をまとめた。こちらはワンパッケージとしてひととおり見てみて欲しい。

ライフの間にワークを。コワーキングスペース併設の"未来型カプセルホテル"「ザ・ミレニアムズ 京都」へ行ってきた

ライフとワークの垣根をなくすという思想 2017年7月、ミレニアル世代をターゲットとしたライフスタイルホテル「ザ・ミレニアルズ京都」が京都河原町三条にオープンした。 この未来型のカプセルホテルは「スマートポッド」と呼ばれるIoTを駆使した客室を用意。…

自動運転車で変わる9のこと

連日のように流れる自動運転車に関するニュース。 「自動運転車」の登場は、今までのドライブ体験だけでなく、宅配サービスやカーシェア、地方での暮らしなど私たちの暮らしを大きく変える可能性を秘めている。 今回は、そんな自動運転車とはいったいなんな…

"未来をつくる言葉たち" スタートアップを中心としたビジョナリー企業35社のミッション・ビジョンまとめ

ビジョンとは「未来への意思」 "ビジョンとは「見えるもの」ではなく、「見たいもの」。 "未来予測ではなく、「未来意思」。" "「未来を予測するのではなく、つくりだす人」こそが、ビジョナリー" 未来は言葉でつくられるより

なにげに読売ジャイアンツが公式インスタとツイッターを始めていたので活用法をまとめてみる

僕は6歳のときから、野球を始めたの同時に、巨人のファンになった。 当時、元巨人軍監督の原選手の引退セレモニーをテレビ越しに見ながら涙を流していたという小さな逸話もある。

コンテンツメーカーは必読。「有料コンテンツ」をつくる5つの生成的な価値とその活用法-【〈インターネット〉の次に来るもの】

無料のコピーコンテンツで溢れる時代 「今後30年を形作ることとなる12の不可避なテクノロジー」について述べられているのが本書〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則。著者はデジタルカルチャー誌「WIRED」の創刊編集長ケヴィン・ケリーだ…

個人でもできそう。"シェアリングエコノミーサービス"が今すぐ作れる「スターターパッケージ」に要注目

「作って人をしあわせにする」をミッションに掲げる株式会社mofmofは、「シェアリングエコノミースターターパッケージ」2016年10月31日に発表。 プレスリリースによると本サービスは、「新規事業主や企業新規事業担当者が立ち上げたいシェアサービスやマッチ…

記事の"エッセンス"だけを保存し共有できる「highlite」はコンテンツの"発見可能性"を高めてくれそう

記事の中から"気に入った一文"を保存できる「highlite」 highliteは「オンライン上にある記事の気になった一文を保存し共有できる」サービス。

コワーキングとの連携も。「個性」重視のスキルマッチングコミュニティ 「SAIRU」が狙い目

「才能を流通させる」をミッションとする株式会社サイルは、企業とプロフェッショナルをつなげるコミュニティサービス「SAIRU(サイル)」を2016年11月1日に正式リリース。このサービスにより、「フリーランスや企業に所属するクリエーターが多数登録してお…

貸すだけで"インカム”になる 簡単に「複業」が始められるCtoCシェアリングサービスまとめ

シェアサービスだけで”複業”できる時代 2008年に空き家、空き部屋を利用した「民泊」の仲介サービスをスタートした米国企業airbnbが普及し、日本でも「シェアリングエコノミー」が市民権を得はじめている。 昨今では「専業禁止」を謳うような会社も登場し、…

スタートアップのバイブル 16人のチームが300万人の顧客を生み出した企業哲学とは

大きいことはいいことか? かつて、「大きいことは、いいことだ。」と言われていたように、会社の規模を拡大し、製品を大量に生産することをよしとされているという時代があった。いまでも、人気企業ランキングでは、大手商社や銀行が上位を独占している。 …

©BLUE FIELD. All Rights Reversed.