VISIONの文脈

ONE VISION , BIG FUTURE

IT系からお好み焼き屋さんまで 起業家たちが起業した理由をまとめてみる

f:id:y-bluefield:20161026132240p:plain

突然だが、日本の起業率をご存知だろうか?

 

答えは4%。

※参考

・中国、米国12.8%・イギリス9%・韓国6.6%・フランス5.2%・日本4%

(2012年度 ,出典:1万円起業 文庫版)

 

少し古いデータだが、先進国の中では、圧倒的に低い数字だ。(今もさほど変わらないだろう。)

 

ネットの普及により、アイデア一つで誰もが起業できる時代になって久しい。しかし、日本人の起業に対する「心理的ハードル」は依然として低くはないと言っても過言ではないだろう。日本がもっと「起業しやすい国」であれば、ここ数週間メディアを騒がせている「電通社員の過労自殺」を防ぐことができたかもしれない。「エリート街道」を自ら降りることは勇気のいることだと思うが、起業が一つの選択肢として頭の片隅にあれば、そこまで自らを追い込むことはなかったのかもしれない。

 

今回はリアルな人生のストーリーをシェアするSTORY.JPに寄せられた起業家による投稿から起業家たちが起業した理由を抽出し、まとめてみることにする。これを読めば、今「ブラック企業に勤めている人」あるいは「独立してみたいけど・・・という人」も起業に対するイメージが変わり、起業への心理的ハードルが下がると思う。

 

Paperboy&co.創業記 VOL.1:ぺパボ創業からバイアウトまで

『連続起業家』家入一真氏

f:id:y-bluefield:20161026122950j:plain

出典 : 家入一真 | Qreators.jp[クリエーターズ]

 

家で仕事が出来て、仕事をしながら子育て出来ればそれでいいやと思ってた。当時サラリーマンをしてたんだけど、中学2年から引きこもり、対人恐怖症気味だった僕には、定時出社や同僚とのコミュニケーションが苦痛でしようが無かった。サラリーマンを辞めたいが為の起業。どちらかというと逃げ腰、後ろ向きの起業だった。

 

 

 

Pixiv作ったときの話

Pixiv開発者 上谷 隆宏氏

 f:id:y-bluefield:20161026123445p:plain

出典:イラスト コミュニケーションサービス[pixiv(ピクシブ)]

 

そして、当時もう会社で働くのが嫌になったので会社をやめ、約2年ほど、貯金を切り崩し、たまに働いたり、、、でも基本アニメだけ見て暮らしてました。イラストを使って何かできないかと思い始めました。《中略》自分でサイトを探し、良いサイトがあればブックマークをして、毎日全てのサイトを回る(大概更新されていない)という日々でした。イラストを見たいのにイラストにたどり着くまでの距離が長く、HPについたとしてイラストがどこにあるのかわからなかったり、好みのイラストではなかったり・・・そんな感じなのが嫌で何かできないかと。

 

 

 

フランスで起業をするということ(1)それは思いつき。

パリで「お好み焼き屋さん」を経営 田淵 寛子氏

f:id:y-bluefield:20161026123741j:plain

 

遡ること3年。2010年の9月19日、本当であれば私はウエディングドレスを着て、両親や、沢山の友人に囲まれているはずでした。《中略》挙式予定日が近づいてきたある日、彼女が提案してくれました。『何かイベントしなきゃ、気が紛れないでしょ?』と・・・。そうして、ホームパーティを開くことになりました。いざ、開催してみると、1LDKの家には25人のお客様。なぜか、彼女の友人の方が多く、半数はフランス人。もう粉物しかない!!そんなこんなで作ったのがお好み焼きでした。お好み焼きは、思いの外好評で、「パリにお好み焼き屋ないからやればいいよ!!」「そうだそうだ!!」みたいなノリで、パリでお好み焼き屋をすることに夢を馳せたのでした。まさか、それが本当になるとは思いもよらず…。

 

 

 

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

旅をしながらPC1台で旅資金を稼ぐ「パワートラベラー」阪口 裕樹氏

f:id:y-bluefield:20161026123822j:plain

 

社会人二年目で鬱病になった僕は、自殺未遂で身体がおかしくなり、起き上がることすらできなくなっていました。《中略》そうだ、僕にはまだやり残したことがある。あの時の屈辱をまだ晴らしていないじゃないか。よし、世界に出よう。そして、世界を舞台に青春をするのだ。僕はただ、それだけの気持ちに従って、起業することにしました。

 

 

 

転職より起業を選んだ理由

ログミー株式会社CEO 川原崎 晋裕氏

f:id:y-bluefield:20161026124118p:plain

出典 : ログミー株式会社

 

僕は、起業するリスクと転職するリスクを比べた結果、起業することにしました。

 

  

 

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

会社を2年弱で辞めてフリーランスに Okuma nozomi氏

 

f:id:y-bluefield:20161026125039p:plain

 

会社を辞めてみたもののどう食べていけば良いのか分かりませんでした。とにかく色々な人に会って、話をしました。不思議と一人で何ができるか考えている時よりも、自分のバックグランドを話した相手の方が私にできる事を提案してくれる事が多いように感じました。私は海外生活が長く、英語が得意です。「翻訳できるなら、頼みたいんだけど?」きっかけってどこにあるか分かりません。引き受けられる依頼は全て引き受けました。翻訳経験なんてありませんでしたが、良い仕事ができるよう頑張りました。

 

 

 

Googleを辞めたのは

株式会社フリークアウトCEO 佐藤 裕介氏

f:id:y-bluefield:20161026124703j:plain

出典 : 株式会社フリークアウト(FreakOut, inc.)|最先端の広告技術をグローバルに展開

  

 

Google の採用試験を受けている時、 1 日 1,300 通の履歴書が Google には届いていました。Google で仕事をすることは、それだけの人にとって「やりたいこと」なわけです。たくさんの人がやりたいわけですから、そこで稼ぐことは少しずつ難しくなります。やりたい人が多い仕事で稼ぐにはその人たちが「できない」ことをするより他ありません。《中略》人がやりたくないことを僕自身は「やりたい」と思ってる、みたいな夢のような出会いはないかなーと考えることにしました。

 

 

 

 

まとめ

 

起業するきっかけは人により様々だ。

 

もちろんここでご紹介したのは、ほんの一部に過ぎないが、「会社勤めが嫌だ。」「フランス人が集まるホームパーティ」「鬱病」など、わりとネガティブなことがきっかけで、起業したという発見もあった。

人生、いつ転機が訪れるかわからない。

ここに出てきた方のようにいきなり会社を辞めて、起業するというのはなかなかリスキーかもしれない。しかし、働きながらも週末起業的な形で、ウェブサービスを立ち上げて、マネタイズする方法を学ぶなど、とにかく行動することで、会社に依存しない「強い自分」をつくることができ、ゆくゆくは起業家になるという道も選択肢の一つとして浮上してくるはずだ。

そして、日本がもっと起業しやすい国になる日はもう近づいてきているのかもしれない。

 

©BLUE FIELD. All Rights Reversed.