VISIONの文脈

ONE VISION , BIG FUTURE

コワーキングとの連携も。「個性」重視のスキルマッチングコミュニティ 「SAIRU」が狙い目

f:id:y-bluefield:20161104114220j:plain

「才能を流通させる」をミッションとする株式会社サイルは、企業とプロフェッショナルをつなげるコミュニティサービス「SAIRU(サイル)」を2016年11月1日に正式リリース。このサービスにより、「フリーランスや企業に所属するクリエーターが多数登録しており、企業は才能あるプロフェッショナルと出会うことができる」と言います。

 

f:id:y-bluefield:20161104122139p:plain

クリエイターは「個性」や「才能」をアピールできる

サイルでは、クリエイターのプロフィール登録欄に「顔写真」「やりたいこと」「過去の経歴」などの「人となり」や「画像つきで仕事実績の紹介」、「プロジェクトが生まれた背景」や「どのような想いで関わったか」、「サービスメニューや価格」、「プロジェクトへの希望の関わり方」などを記載できるため、クリエイターの「個性」や「才能」を伝えるポートフォリオとして活用することが可能になります。

そのため、企業側は「スキル」だけでなく、クリエイターの「思想」や「働き方」を理解した上で、仕事の相談を依頼してくることになるため、クリエイターは誰でもできるような単なる「下請け」仕事を回避でき、依頼内容に合意できれば、熱量を持ってプロジェクトに取り組むことができるでしょう。

 

コワーキングスペースとの連携も

このサービスは将来的に「イベントやハブとなる人材を通じてのマッチング支援を強化し、Webとリアルの両面でプロジェクトを一緒に進める仲間に出会う機会を提供」すると言います。

具体的には、「全国のコワーカー、コワーキングスペースが加盟するコワーキング協同組合をはじめ、プロフェッショナルな個人の活躍を支援する業界団体/コワーキングスペースとパートナーシップを推進しています。現時点で30団体以上と連携し、仕事のマッチングやイベント開催を協同で行っていくとともに、2017年3月には業界団体/コワーキングスペース向けのサービスリリースを予定」とのことでフリーランサーの活躍の場がより一層広がりそうです。

 

クリエイター登録するなら今のうち

クリエイターの職種カテゴリーとしては、「デザイナー」「ライター」「Webディレクター」「マーケター」「PRパーソン」「Webコンサルタント」「カメラマン」「Webエンジニア」「セールス」の9つ。

2016年11月4日現在の「デザイナー」の登録者数は36件が一番多く、「PRパーソン」「マーケター」「カメラマン」などは1件のみ。

専門スキルがある方は競合の少ない今のうちに、クリエイター登録しておくと「先行者利益」を得ることができるかもしれません。

 

・「個性」を重視

・コワーキングとの連携

など、Webとリアルの「いいとこどり」を達成できれば、こうしたスキルマッチングコミュニティが今後ますます普及していくかもしれません。今後も引き続き、本サービスの動向を追っていきたいと思います。

 

・SAIRU(サイル):

sairu.com

・SAIRUの新規メンバー登録はこちら:

sairu.com

Feature

f:id:y-bluefield:20170830214510p:plain

©BLUE FIELD. All Rights Reversed.