VISIONの文脈

ONE VISION , BIG FUTURE

2018年、副業解禁元年。 副業マッチングサービス「シューマツワーカー」創業者に聞く、会社員の新しい働きかた

f:id:y-bluefield:20180908060933p:plain

「副業元年」とも言われる2018年。大手企業でも続々と正社員の副業解禁が進み、今後は、一社だけなく、自分のスキルを多方面に提供していく時代がくると言われている。

そんな「会社員総副業」が到来する時代に乗り遅れないために、今回は、自身の経験をもとに立ち上げたという“伴走型”副業マッチングサービス「シューマツワーカー」の代表、松村幸弥さんにこれから当たり前になるであろう副業社員という新しい働き方について、お話しを伺った。

※この記事はKOSHIGAYAZINEからの転載です。

 

・プロフィール

松村 幸弥(まつむら ゆきや)

 1989年石川県金沢市生まれ。横浜国立大学卒業後、2012年4月に株式会社ボルテージへ入社。2016年9月株式会社社食コレクションを設立し、2017年7月に週10時間からの副業求人サイト『シューマツワーカー』をリリース。

 

副業社員とは「ハーフコミット型」社員

——シューマツワーカーとはどんなサービスなんですか?

松村:本業のある優秀な社員さんが、空いている時間を使って他の企業で働ける副業マッチングサービスです。副業社員をご紹介するだけでなく、弊社の副業コンシェルジュが企業と副業社員の間に入り、マッチング後のサポートまで行っています。また、副業社員候補者のスクリーニングも徹底しており、企業にご紹介する前に必ず面談を実施、スキルだけでなく人間性なども考慮した上で、当社基準をクリアした方のみを募集企業さまにお繋ぎしています。

やっぱり、紹介して終わりというだけじゃなくて、そのままサポートしていきたいという想いがあります。企業側も、副業社員ってやっぱり難しいなみたいな、思われちゃうとすごくもったいないので。僕らとして副業という、まさに新しい働き方を今、作っている自負がありますし、それを副業コンシェルジュを通じて、企業側の人側に対してもインプットしていただくみたいなことを、会社として、事業として、やっていっているという感じですね。

——シューマツワーカーの特徴を教えてください。

松村:このサービスの特徴としては、副業社員への報酬を、働いた時間に応じて決定する「時給制」にしていることです。これは企業側にとっても、大きなメリットがあります。それは、予め金額や業務範囲を決めておき、仕事を依頼する「外注型」と異なり、「専門知識やスキルを持っている方に柔軟に業務をお願いできる」ということです。

外注型では、仕事を依頼する前に要件をしっかり決める必要があって、発注側からすると面倒なことが多いです。また、あとから変更もしにくい。その点、時給制であれば成果ではなく、働いた時間が報酬の目安になり、結果よりもプロセスが重視されるようになります。それによって、一緒にプロジェクトを進めることができますし、急な要件変更にも柔軟に対応してもらえます。社員のようにチームに入りこんでもらって、一緒に仕事を進めていけるので、コミット度合いが高いのが特徴ですね。副業社員は、フルコミットでも、アウトソーシングでもない、“ハーフコミット型”の社員と言えるでしょう。

——シューマツワーカーを利用されるのはどういった企業が多いのですか?

松村:利用されるのは、現状、社員数が一桁から二桁ぐらいの都内のベンチャーやスタートアップなどの企業が中心ですね。企業側から見ると、“人は足りてないけど、週5は働かなくてもいい。週1.2程度で優秀な社員が手伝ってくれるくらいがいい”というニーズがあります。ただ、これまでですと、正社員や契約社員という選択肢しかありませんでした。今では、フリーランスの活用なども出てきましたが、私たちは、”副業社員”という形を雇用形態の新しい選択肢として、定着させていきたいと思っています。

ーーなるほど、副業社員という文化をつくっているのですね。副業される方はどういった職種の方が多いのでしょうか?

はい、副業される方の職種としては、LINE、サイバーエージェント、DeNAなど大手IT企業の優秀なエンジニアやデザイナー、マーケターが中心で、 モチベーションとしては、“自分のスキルを使って、他の企業の事業成長に貢献したい”という向上心のある方が多い印象がありますね。今では、タスク管理ツールやチャットツールが充実していて、リモートワークでの副業もしやすい環境にあります。そのため、副業社員としての関わり方としても、基本的には、2週もしくは、週1回程度でミーティングを行い、あとは、リモートワークで業務を行うというやり方が多いです。時間としては、あくまで副業であるため、週10時間程度のリモート作業という方が多いですね。月に10-15万ほど稼ぐ人がほとんどです。

ーーサービスが生まれた背景は何でしょうか?

お金があったら、人生の選択肢って、すごいいっぱい広がって。そのお金を得るための手段として、自分のスキルを活かした副業みたいなのは、すごい有効な手段だと。かつ、それをやりたい人って、めちゃめちゃたくさんいたんですね。ただ、「いざ副業をしよう!」と思って検索しても、いい副業案件が出てこないという現状だったんですよ。当時。2016年ぐらいのことですかね。

一方で、国としては、副業を進めていくみたいな話もあったので。それならば、僕がちゃんとした副業、スキルをもった副業をしたい人と、良質な副業案件を集めてきたプラットフォームを作ろうと思ったことが、このサービスを始めたきっかけですね。

その着想を得たのは、4人でメディア運営を行っている起業家の方のお話しでした。ワードプレス(ブログ運営ツール)も大事だし、特にSNSマーケとか、めちゃくちゃ重要なんですけど。別に正社員はいらないんですよ。そんなに、めちゃくちゃ重要だけど、1人はいらないし。逆に、ミスマッチな人を1人雇っちゃったら、うまくいかなかった時点でもう、サービスとして終わっちゃうので。

すごいコストが高いんですよね。正社員1人雇用するというのは。だったら最初から、めちゃくちゃできる人が副業で入ってもらうのが、めちゃくちゃベストだと思ったんです。それで、そのメディアをやっている方はすごい、コストを削減できたので、黒字化できたんですよ。

それは、正社員を雇おうとか、コストをかけて採用して、優秀な人を雇おうと思ったら、半年くらいかかるし、めっちゃお金もかかるんですけど。副業だったら、すぐ雇えて、めちゃくちゃうまくいったんですよ。副業ってめちゃくちゃポテンシャルを感じるわと、そのときに思って。それをいろいろヒアリングしていく上で、そういう、もともとはうまくいくきっかけもあったし、いろいろ聞いていく上で、いけると思って、この事業に。

 

人手不足の解消だけではない、副業社員がもたらす効果

 

——募集している中小企業にはどんな課題があるのでしょうか?

松村:最近では50-100名規模の中小企業の利用も増えてきました。その中での印象としては、「IT人材の採用に課題を感じている中小企業」が多いということです。また、地方の中小企業では、「本当に人がいない」という話をよく聞きます。特にIT人材は東京に行く傾向が強いため、行政レベルで課題に上がっているほどです。

——どんな職種の募集が多いのでしょうか?

松村:募集職種として現状多いのは、エンジニアですね。理由は、優秀なIT人材が特定の企業に集中してしまい、そういった人材を見つけることも難しく、仮に採用するにもコストが非常に高いことがその理由だと思います。IT人材が分散化しないため、よっぽどブランド力などの魅力がない限り、IT人材の確保が難しい状況にあるのでしょう。

また、なかには、ホームページやECサイトを更新するなど、それほど高いスキルを求めてない場合や、週5日でフルコミットしてもらうほどの仕事がないという場合もあります。そのため、「高額な報酬を払ってまで雇用する必要もないけど、ITに詳しい人は欲しいというジレンマ」に陥っている中小企業が多いですね。

——「副業社員」であれば、そういったニーズに応えられるということなのですね。

松村:そうですね。企業側からすると、副業社員を活用すると、優秀なITリソースをリーズナブルに確保できます。モデルとしては人材派遣に似ていますが、費用は派遣よりも割安ですね。一般的に、優秀なエンジニアの派遣はフルタイムで月約80-100万円の相場観ですが、当社の場合は時給2500円前後からご紹介しています。

仮に月に50時間稼働したとしても12.5万円。管理費を入れても、シューマツワーカーで3人確保したとしても、エンジニアの派遣の1人分くらいのイメージです。サーバエンジニア、フロントエンジニア、Web デザイナーを一人ずつ確保しても50万円程度で済むため、費用対効果は高いかと思います。

また、メリットはコスト面だけではありません。自社にはない、アセットやノウハウを持ち、コミットメントとモチベーションの高い方がコンサルタント的な側面でも活躍してくれるわけです。

副業社員は、本業で最新の技術や知識をキャッチアップしながら、そこで得た知識を副業にも応用することになります。その際、決め手になるのは、副業先のビジョンへの共感や自分の趣味や興味関心に近い分野であること、自分の地元の会社など様々です。

今後は、「普段、東京のIT企業でマーケターをやっているけど、地元の中小企業の会社を『リモート勤務で副業として手伝う』」という方も増えていくのではないでしょうか。

 

正社員よりもプロフェッショナル意識が求められる。副業社員のこれから

ーー副業社員活用において注意することはなんでしょうか?

松村:「すぐにホームページのバグを修正してください。」というような急な依頼に対応することは難しいと思います。あくまで「副業」であるため、スピード感が求められる業務内容は苦手分野です。そのため、「優先度は高いけど緊急度は低い部分を副業ワーカーに依頼する」そんな使い分けがポイントです。

現在利用されている企業さまも、スポットというよりは、中長期的にご利用いただいている企業と個人の方が多いです。サービス開始から約1年経ちますが、ずっと利用してくださっているケースもあります。単なる外注スタッフではなく、仲間という感覚で使っていただいています。

ーー副業社員には、今後どういった可能性がありそうですか?

松村:現在はIT系企業の利用が多いですが、様々なところにITの力が求められているため、「非IT系企業」との相性もすごくいいと思っています。例えば、地方の特産物を扱う企業が「EC事業」を始める場合には、ECサイトの開発やマーケティングが必要になり、エンジニアやWebデザイナー、マーケターの力が求められるでしょう。そこで、最新の知識やスキルを持っている人に「副業社員」として手伝ってもらうというケースが増えてくると思います。

また、マーケティングや広報のスキルを持っている人も活躍の場があるでしょう。実際に広報における媒体の検討や記事コンテンツの制作など、自分だけでは手が回らない部分の業務を副業社員に依頼するというケースも出てきています。最近では、エンジニアやデザイナーだけなく、マーケティングや人事、広報などのプロフェッショナルの登録も増えているので、副業社員の仕事の幅も広がっていくと思います。

——最後に、読者にメッセージを

正社員よりも、副業のほうが、すごい難しいと思っていて。できる人は、まず、スキルがあるのはもちろんのこと、コミュニケーションなどちゃんと取れるような人とかじゃないと、だめだったりするんですね。僕らはそれでも、副業という働き方を広めていく。

副業する人が、めちゃめちゃ流行っていくというのは、そういうプロフェッショナルな人が、すごい増えていくということなんです、日本において。

やっぱり、終身雇用の大企業にいると、そこは、真逆なんですけど。副業だと、パフォーマンスが下がると切られるんですよ。「終了です」と。日本の正社員って、パフォーマンスが悪くても切られないじゃないですか、基本的には。ずっといれば良い、みたいな。副業社員だと、ちゃんと質の良いアウトプットを量産していかないと、切られちゃう。ちゃんと、そういうプロ意識を持ってやらなきゃいけないというのがありますね。

僕は、プロフェッショナルを採るという世の中を、たくさん生みだしていきたいと思っているんですね。副業というものが、リソースの流動性みたいなものを作る特性があるので、それを活かして、日本にたくさんの優秀なプロフェッショナルの人を生み出したいと思っています。

その人たちを大企業が独占せず、いろんな社会、いろんな地方の会社など、多様な会社に行くことで、日本の市場自体、全体を盛り上げられると思っているんですよ。なので、衰退に向かう日本経済に対して、副業社員がすごい明るい未来を作る一役を担うと思っていて。そのために、今は、まずは企業側が「じゃあ、副業の人を採用してみようか」と思うことが、第一歩だと思うので。そういうところに協力してやっていってほしいなというのはあるという感じですね。

シューマツワーカーへの登録者もここ一年で3,000人になりました。それほど、副業したいという人は今、すごい勢いで増えています。また、そこで活躍する人の多くは、自社ではなかなか採用できない優秀なスキルやノウハウを持った人がほとんどです。ここから分かったことは、副業社員を活用することは、「企業の人手不足を救うだけでなく、企業の成長スピードを高めていく存在にもなりうる」ということです。

今後日本の労働人口も減少していくといわれている中で、「副業社員の活用」という選択肢があることを当たり前にし、優秀な人を特定の企業の中で閉じ込めるのではなく、その力を必要としている、中小企業や地方の企業へも解放する。そうすることで、日本の企業全体が盛り上がっていくはずなので、副業をしたい方はぜひ、シューマツワーカーに登録して、あなたのスキルを日本経済に還元していただければと思います。

©BLUE FIELD. All Rights Reversed.